岡重の染め名古屋帯
岡重の染め名古屋帯をご紹介します

岡重さんの創業は明治時代の初め頃で、明治・大正・昭和にかけて羽織裏などの裏物の染色業を営み、その高い技術力で京都友禅界に名をとどろかせました
現在は、四代目の岡島重雄さんが小紋や帯の創作に力を入れる一方、「OKAJMA」「MAJIOKA」「唐様三昧」といった、バッグやスカーフなどのファッションアクセサリーのブランドを次々に立ち上げられて好評を博しています
1998年秋にはイタリアのハンドバックメーカー・ロカティ社と提携して、日本の伝統的な染めの技術とイタリアのクラフトデザインが融合したフォーマルバックのブランド「ESSEPI」を立ち上げています
また、初代岡島重助氏から四代にわたって収集してきた古代裂、小袖、更紗などの資料は岡島コレクションとして有名です



c0211492_18591037.jpg〈帯〉
染め名古屋帯

塩瀬羽二重の生地に、欧風唐草や像といったエキゾチィックな模様が染められています
数えてみると10枚以上の型が使われていて、丸刷毛を使ったぼかし染めもきれいに仕上がっています
お太鼓の模様部分の丈が長くとってあり、染め帯としては豪華な印象です
季節に関係なく召しいただけるのも高ポイントですね
模様の大きさが重ならない小紋や紬、無地感覚のきものに合わせます














きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384



c0211492_1901626.jpg
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-10-30 19:04 |
<< 本糊京友禅染め名古屋帯 ( 野... | ページトップ | 本場結城紬 みじん格子 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin