竺仙浴衣6・(注染)


引き続き、竺仙さんの注染の浴衣をご紹介します

注染の説明は、7月17日のブログにご紹介いたしましたのでご参照ください  『竺仙さんの注染』

コーマ生地の説明はこちらを・・・『コーマ生地』


今回は、浴衣の洗濯の方法を説明いたします
夏の期間中はご自宅で洗っていただき、夏が終わり来年までタンスにお仕舞いになる時にクリーニングにお出しいただければよろしいかと思います

〈ご自宅で洗濯する場合〉
     浴衣はご自宅でお洗濯していただけるのですが、その時に気をつけていただきたいことがあります
      ・洗いには、冷水をお使いください
       お湯を使うと、色移りの原因になることがあります
      ・洗剤は、漂白剤の入っていない中性洗剤をお使いください
      ・色移りの原因になりますので、長い時間水につけたままにしないでください
      ・色落ちなどの原因になりますので、揉み洗いはしないでください
      ・すすぎも冷水でよく行ない、ネットに入れて軽い脱水の後、形を整えて陰干ししてください
      ・アイロンは、よく乾かしてから当て布をしてご使用ください
       生乾きの状態でアイロンを当てると、色移りの原因になります

〈クリーニングの場合〉
      ・ドライクリーニングが無難ですが、汗分や汗染みが気になる場合は手洗いと併用していただくと完璧です
      ・その場合は、上記の注意事項をお伝えいただいて、きものの洗いを扱っているクリーニング店にお出しください
      ・まるよでも承りますので、お気軽にお申し付けください


c0211492_11171136.jpg竺仙浴衣6・撫子(白地注染)

流水に撫子(なでしこ)が染められています
撫子は5色のぼかしで色が挿されていて、華やかな印象ですね
隣り合う花に染液が流れ込まないよう気を配りながら、丁寧にぼかし染めがほどこされています
多色になるほど手間のかかる仕事です
派手さではなく、華やかさのある白地のお品です
赤味の色も抑えてありますので、ご年代の幅も広くお召しいただけると思います
コーマ生地
価格21.000円(本体価格20.000円)




















c0211492_11175714.jpg





















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-07-23 11:42 | 綿・麻
<< 竺仙浴衣7・(抜染・注染) | ページトップ | 竺仙浴衣5・(注染) >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin