竺仙浴衣8・(綿絽・注染)


引き続き、竺仙さんの注染の浴衣をご紹介します

注染の説明は、7月17日のブログにご紹介いたしましたのでご参照ください  『竺仙さんの注染』

コーマ生地の説明はこちらを・・・『コーマ生地』


今回は、綿絽の生地を使った注染の浴衣です
竺仙さんの綿絽には、通常のコーマ生地より太目の糸が使われています
また、生地にしゃり感を出すために、ぬき(横糸)には撚りがかけられています
そのことによって、しっかりとした厚みのある、さらりとした感触の生地に仕上げられています

当然のことながらコーマ生地よりも透け感がありますので、
下にお召しになる下着類を吟味して、特に一重になる後姿に充分な透け対策をしてくださいね


c0211492_9171281.jpg竺仙浴衣8・藤(綿絽・注染)

綿絽の生地に、伸びやかに藤の花が染められています
型付けの木枠いっぱいを使った、大きな模様です
花に挿された薄紫色が女性らしさを添えて、大人の一枚といった感じのお品です
浴衣は普通の小紋のきものなどに較べて、大胆な構図や色柄をお楽しみいただけるアイテムです
夏ならではの、思い切ったおしゃれをお楽しみいただけたらと思います
綿絽地
価格26.250円(本体価格25.000円)





















c0211492_9181352.jpg



















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-07-25 09:44 | 綿・麻
<< 夏の唐織名古屋帯 | ページトップ | 竺仙浴衣7・(抜染・注染) >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin