手織り紬のバッグ・草履(夢訪庵)


今回は、「夢訪庵」さんのバッグと草履のセットをご紹介いたします

8月12日のブログで、枡蔵順彦(ますくらゆきひこ)さんの個展が、毎年世田谷の沼田絵本美術館で開催されることをご紹介いたしました
枡蔵さんの作品は主に袋帯や名古屋帯と手織りの草木染めの紬なのですが、ディスプレーのボリュームを出すために、バッグや草履を出品されます
それは、個展のためだけに作られるもので、すべて自作の帯素材が使われています
あおり型バッグ、トートバッグ、お稽古用持ち手付きバッグ、草履や下駄などごく少量なのですが、手織りの貴重な帯地を使った個性的なものばかりです



c0211492_1124867.jpg





























c0211492_10591793.jpg






















手織り紬のおしゃれバッグ・草履(夢訪庵)

四国・伊予地方で手引きされた紬糸を経緯に織り込んだ、帯地が使われています
経に織り込まれた丁字色と菜種色の糸は、真綿から糸を引き出す時にわざと真綿を巻きつけて太さに変化をつけた
練り巻き糸が使われています
織りは京都西陣の手織りで、バッグの素材としてはとても贅沢なものですね
あおり型バッグと、焼き桐の草履型下駄手のセットです
街着としての小紋や紬など、おしゃれ着に合わせてお使いいただけます

〈バッグ〉横27cm 高さ16.5cm(持ち手を含むと28cm)まち幅10cm
〈草履〉 足サイズ23~24cm 踵の高さ6cm
価格60.900円(本体価格58.000円)



きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-08-18 12:14 | 小物
<< 名古屋帯の開き仕立て | ページトップ | 単衣の手挿し小紋 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin