たてふし紬・刺繍名古屋帯


今回は、無地感覚の紬とざっくりとしたおしゃれ名古屋帯のコーディネートのご紹介です

まるよでは、入門用のきものとしても、きもの上級者の方にも、無地の紬が人気です
ひとくちに無地の紬といっても、その種類は多種多様です
地機(じばた)の本場結城紬から、高機(たかばた)の本場結城紬、草木染めの本場久米島紬、十日町紬や石下紬など、糸や染めや織りの違いによって価格も大きく違ってまいります
今回は、経糸にふしのある紬糸を織り込んだ白生地を、グレイッシュベージュを引き染めで染めた無地の紬です
通常は、経てに絹糸をかけて緯糸に紬糸を織り込んだものが多いのですが、これはその逆の組織で織り上げられています
生地自体は比較的簡単に織ることができるので、お求め安い価格に仕上がっています
先に糸を染めて織る普通の紬ではなく白生地を後染めするので、1反から好みの色を誂えることができることもこのお品の魅力です
入門用の1枚として、まるよ好みの色を増やしてゆきたいと思っています


c0211492_1419026.jpg〈きもの〉
たてふし無地紬

色と素材感だけでおしゃれを楽しみたい無地の紬です
ナチュラルカラーのグレイッシュベージュですから帯の色合わせも万能で、洋装のスーツ感覚でスタイリッシュなコーディネートを楽しんだり、お好みの帯を主役にして個性を楽しんだり、使い回しのきくとても重宝される一枚です
無地なので季節を選ばないことも、このきものの魅力ですね
しっかりとした張りのある地風で、袷にも単衣にもお仕立ていただけます
ぜひワードローブに加えていただきたいお品です
価格92.400円(本体価格88.000円)


〈帯〉
刺繍の手織り名古屋帯

おなじみの「夢訪庵」さんの手織りの名古屋帯です
四国伊予地方で手引きされた紬糸が使われています
地には錆びた臙脂色を中心に、太さの違う7~8色の糸が経緯にランダムに織り込まれています
色々な色や太さの異なる糸を用意し経緯に織り込むことで、無地では味わえない素材感が引き立ちます
そんなこだわりが、「夢訪庵」さん人気の秘密です
お太鼓と腹には、和紙の糸を使った欧風刺繍が施されています
季節感のない、モダンでかわいい印象の名古屋帯です
価格189.000円(本体価格180.000円)





c0211492_14192518.jpg〈帯締め〉

定番の「ゆるぎ」の紐です
常時50色をご用意しています
価格11.550円(本体価格11.000円)














c0211492_14194554.jpg意識して経糸を目立たせた意匠がお分かりいただけるでしょうか




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-18 14:57 | 織りの布
<< 八掛のおしゃれ(刺繍) | ページトップ | 刺繍の袋帯(舟に菊と藤・野口安... >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin