型糊置き手挿し小紋(黒地に鈴)

今回は、お若いお嬢様向きの黒地の小紋です

黒地の可愛い小紋は、あいかわらずお若いお客様に人気があります
黒い地色は、模様部分に彩度の高い(濃い)挿し色を使わないと黒地に負けてしまい、まとまりのないものになってしまいます
いきおい濃い目の挿し色を使うことになり、そうすることによってまた黒色が模様を相対的に引き立ててくれるわけです
黒地というと粋なきものを連想される方も多いと思いますが、使われる色次第で華やかで可愛くお召しいただくことができます

この小紋も前回と同じく、『型糊置き手挿し小紋』です
板に張り渡した白生地に型で糊を置きます
完成品の白く残った部分(鈴の中の白線や紐)が、この時に糊を置いた箇所です
次に、板から剥して裏から胡汁を引き、鈴の中に各色を手挿しします
その後再び板張りし、型を使って色挿しされた鈴の全体を糊で防染し、板から剥して染め工場に張り渡して、
胡汁引き・引き染めでの地色染め、蒸し・水元という手順で染められています
一般的な小紋より多くの手間がかけられていますので、高額になるわけです



c0211492_1234046.jpg型糊置き手挿し小紋(黒地に鈴)

この小紋の特徴は、模様部分の刺し色にあります
黒地の小紋に使われる色は、そのほとんどが朱赤・若草色・芥子色・古代紫といった伝統色の組合せです
一方この小紋に使われている色は、桃色を主にした山葵色・菜種色・桔梗色といった目にやさしい色の組合せです
この小紋が古典模様であるにもかかわらず、爽やかでやさしい印象に感じるのは、その刺し色のなせる技ということができます
指し色の彩度をできる限り控えていることと、全体に広がる白の紐の模様も、きつくなりがちな黒地に柔らかさを与えています
桃色(ピンク色)系の色を使った帯を合わせると、可愛くまとまりますね
価格241.500円(本体価格230.000円)

















c0211492_1241632.jpg


















c0211492_1253634.jpg




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-11-16 17:07 | 染めの布 おしゃれ用
<< 真糊京友禅染め 付け下げ (野... | ページトップ | 手描き小紋 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin