箔織り名古屋帯(織悦)2

今回も引き続き、織悦(おりえつ)さんの名古屋帯をご紹介いたします

織悦名古屋帯の特徴は、端から端まですべてに模様が織り込まれている全通(ぜんつう)であることです
袋帯の場合も同じですが、お腹に巻く外から見えない部分にも模様が織られているわけです
名古屋帯の場合は、お太鼓の裏に折り返す部分にも模様があり、裏生地を別に用意すれば袋帯に仕立てることも可能です
また少し贅沢ですが、長めの半幅帯に仕立てることもできます


c0211492_18151928.jpg箔織り名古屋帯(織悦)

地色は、微かに紫を含んだこげ茶色です
平金糸で立涌(たてわく)文様を配し、その間に桐と菊の文様が織り込まれています
平金糸は赤金といわれる黄色味の濃い金色で、存在感があります
桐の菊の花には枯茶色が使われていて、その三種類の糸で模様が構成されています
シンプルな模様の連続で、控えめながら凛とした印象のお品です
色無地や小紋に合わせます
価格189.000円(本体価格180.000円)




















c0211492_18181078.jpg裏に渡る余分な糸は、織り組織の中に収まっています
生地の薄さとしなやかさが、織悦さんの帯の魅力です















c0211492_18165069.jpg


















c0211492_1817219.jpg織悦さんの織り込みマークです






















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-11-25 19:07 |
<< 小紋(黒地・玩具模様) | ページトップ | 箔織り名古屋帯(織悦) >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin