余呉紬(草木染手織り紬・夢訪庵)
引き続き、無地の紬をご紹介いたします

今回は12月8日に続いて、帯の作家で『夢訪庵』を主宰されている枡蔵さんによる余呉紬のご紹介です

余呉紬のお話は11月8日に書き添えましたので、ご参照ください・・・『余呉紬』



c0211492_141123100.jpg余呉紬(あせん染手織り紬)

経緯ともに座繰糸(ざぐりいと)が使われている、諸紬(もろつむぎ)です。
経糸には太さの異なる2種類の糸が織り込まれて、平坦になりがちな表面に変化がつけられています
染めは、アカネ科の植物ガンビールから採取される阿仙(あせん)が使われています
赤茶色からこげ茶にかけて、微妙に色を違えて染められた糸が経緯に織り込まれていて、素無地とは一味違う質感が魅力です
ごくごくわずかに甘練り(錬りを完全にしない)の風合いです
着込むほどにしなやかに身に馴染んでゆくのも楽しみですね
価格273.000円(本体価格260.000円)

















c0211492_14335364.jpg


















c0211492_14342343.jpg





















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-12-15 14:36 | 織りの布
<< たてふし紬(無地) | ページトップ | 信州・下井紬 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin