真糊京友禅の付け下げ(桐花文様)
今回は、真糊京友禅の付け下げをご紹介いたします

大胆な構図と色使いの、桐と蔦が描かれた付け下げです
桐は身近にも多く栽培されていて、調度品や装飾品にも桐の模様が多く使われています
日本人にはお馴染みのもの模様ですね
一方、古くから桐は鳳凰の止まる神聖な木とされていて、桐の家紋は「菊の御紋」に次ぐ高貴な紋章とされています
その代表的な「五七の桐」の家紋は足利尊氏や豊臣秀吉などが天皇から使用を許されたという歴史をもち、現代では菊花紋に準じる国章としてビサやパスポートなどの書類や金貨の装飾などに使われています
また、きものや帯には菊の模様との組合せでよく使われ、代表的な吉祥文様としておめでたいお席のお召しものに多く用いられています


c0211492_11341475.jpg真糊京友禅の付け下げ

地色は支子色(くちなしいろ)に葡萄鼠(ぶどうねずみ)の裾ぼかし
桐と蔓草の模様は、紫紺色(しこんいろ)・蜜柑色(みかんいろ)・鉄色(てついろ)の濃淡で彩られています
彩度の高い、いかにも野口さんらしい色使いです
大き目の模様と裾のぼかしのせいで、付け下げといえどとても華やかな印象です
八掛を地色の二色に別染めして、軽めの訪問着としてお召しいただきたいお品です
豪華な帯を合わせれば結婚披露宴やパーティーに、
控えめに帯を合わせて入学式・卒業式やお茶席にと、
豪華な訪問着に較べてお召しいただけるシーンが幅広こともこの付け下げの魅力です
30歳代から50歳代の方にお薦めの一枚です


















c0211492_12295662.jpg上前身頃の拡大写真です




















c0211492_12301363.jpg左胸の模様です
衿にも模様が続きます





















c0211492_12302862.jpg袖にも、充分な模様とぼかし染めが施されています






























きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-12-31 14:29 | 染めの布 礼装用
<< 明けましておめでとうございます | ページトップ | 春の新作小紋(片喰) >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin