春の軽めの付け下げ(京友禅染め)

今回は、春の新作・軽めの付け下げをご紹介いたします

付け下げと一口に言っても、訪問着に近い豪華なものから模様の少ない軽めのものまで様々です
訪問着と付け下げのおおよその違いは、以前のブログに書き添えましたのでご参照ください・・・訪問着と付け下げの違いは?

この付け下げは、小さな模様が全体に配置された、どちらかというと小紋に近い付け下げです
技法的には、型を使った小紋ではなく、ゴム糸目糊を使い手挿しで染められた京友禅染めのお品です
肩山を境にして、模様はすべて上を向くように染められています(一方付けとも呼ばれています)
左胸・右肩・上前・左前袖・右後袖などには大きめの模様が染められていて、着姿を美しく見せるためにバランスよくデザインされています

小紋として街着のようにおしゃれを楽しんでいただけます
一方で略礼装の付け下げとして、気軽なパーティーやお茶席用のきものとしてもお薦めしたいお品です
少し控えめな装いになりますので、入学・卒業式などにも最適ですね
この、お召しいただける範囲の広さが、この付け下げの魅力です


c0211492_15392770.jpg春の付け下げ(京友禅染め)

生地は、張りのある重めの駒生地が使われています
地色は、パープルを含んだライトなグレイッシュピンク
派手さを抑えながらもお顔映りを華やかにしてくれる、「大人のピンク」といわれるニュアンスカラーです
模様は、おそらく蓮華草(れんげそう)を図案化したものでしょう
春の季節を感じさせてくれる、可愛いイメージのお品ですね
街着ならおしゃれな名古屋を、礼装としてなら軽めの袋帯を合わせます
30歳代から50歳代の方にお召しいただきたい一枚です
価格252.000円(本体価格240.000円)




















c0211492_1539598.jpg


















c0211492_15401665.jpg
























きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2011-01-25 16:10 | 染めの布 礼装用
<< 新作草履と時雨草履 | ページトップ | 色無地と名古屋帯の会 ご案内 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin