カテゴリ:染めの布 おしゃれ用( 27 )
Top▲ |
定番の色無地のきもの(角通し)
前回に引き続き、定番の色無地をご紹介します

色無地のきものといえば、お通夜・ご法事用またはお茶席用といったイメージを持たれる方が多いと思いますが、たとえば一つ紋を入れれば略礼装として訪問着と同格でお召しいただけるなど、お召しになる場所や立場によって帯を使い分けていただくことができれば、応用範囲の広い重宝なアイテムになります
金銀糸を織り込んだ袋帯を合わせれば、披露宴やパーティーなどの華やかな席に…
お客様をお迎えするような控えめな立場やお茶のお席ならば、少し控えめな名古屋帯を合わせて…
生地の地紋や色目によっては、小紋のように街着として…
といった具合に、とてもふところの深いきものということができます
家紋も正式な日向紋(ひなたもん)、陰紋(かげもん)、中陰紋(ちゅうかげもん)、縫い紋、刺繍などで草花模様をアレンジした飾り紋など、お召しになる場やお好みによって幅広い選択肢があります
きものライフをさらにお楽しみいただくことができるアイテムですので、ぜひワードローブに加えていただきたい一枚です


c0211492_16534787.jpg〈きもの〉
角通しの色無地

2.5mm角の四角を均等に織り込んだ紋意匠ちりめんを、引き染めで染めています
前回ご紹介したストライプのものより照りのある部分が少ないため、少し控えめな印象の布です
今回も季節感のないモダンな袋帯を合わせて、コンクリートの街並みにもすんなりなじんでしまうようなスーツ感覚のコーディネートです
張りのあるしっかりした風合いの生地ですから、単衣に仕立ててお召しいただくこともできます
もとろんお好みの色で別染めもできますので、お気軽にご相談ください
価格115.500円(本体価格110.000円)


〈帯〉
すくい織り袋帯

銀糸を織り込んだ白地に、3種類の金糸で大胆な模様が織り込まれています
国内の手機で、丁寧に織り上げられた逸品です
とても個性的でスタイリッシュな帯ですね
モダンな付け下げ・小紋・色無地に合わせます
こちらも『夢訪庵』さんのお品です
価格294.000円(本体価格280.000円)






c0211492_16523274.jpg〈帯締め〉
貝の口手組み紐

前回の色違いの貝の口帯締めです
砂色と金の2色使いで、よりシックな印象のお品です
価格29.400円(本体価格28.000円)











c0211492_1655453.jpg



















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-12-14 00:58 | 染めの布 おしゃれ用
唐草模様の小紋
引き続き、一越縮緬(ひとこしちりめん)の小紋をご紹介します

一口に縮緬といっても、今回の一越縮緬のほかに、三越縮緬、鬼しぼ縮緬(四~六越)など様々な種類があります
また、白生地を織る各メーカーによってそれぞれ特徴のある縮緬が織られていて、その中から染め問屋や悉皆屋さんが作りたい物に最適な生地を選ぶわけです
鬼しぼ縮緬のようにシボの太くて大きいものほど、趣味性が高いものに使われる傾向にあります


c0211492_0492374.jpg〈きもの〉
唐草模様の小紋

艶のある一越縮緬に、二色の色使いで唐草風の模様が染められています
模様は江戸小紋のように、点の連続で構成されています
最初にベージュピンクを引き染めし、型で模様を糊置きし、その上から薄いグレーを再び引き染めしたものです
一色ものとは違い手の込んだ型染めの技法で、目引き(めびき)と呼ばれます
二回の引き染めで地色が染められているわけで、思い通りの色に仕上げるには、染めの職人の経験とセンスが必要です

二色の明度に差が少ないのと生地の艶のせいで、遠目には模様が目立たないのですが、光の陰影によって模様がはっきりと見えてきます
これが昔ながらの一越縮緬の魅力です
地色は控えめながらも女性らしさを秘めた、ピンクを潜ませたグレイッシュベージュに仕上がっています
お茶席などで活躍してくれそうですね
価格220.500円(本体価格210.000円)





きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384


c0211492_0411616.jpg

















c0211492_052199.jpg
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-11-18 01:01 | 染めの布 おしゃれ用
万寿菊の小紋
今回は、小紋をご紹介します

小紋には昔から一越縮緬(ひとこしちりめん)の生地が多く使われてきました
アンティークの古布にも、細かなシボ立ちのものをよく見かけます
しかし最近一越縮緬と呼ばれているものは、縮緬の欠点である縮みを解消した「変わり無地」と呼ばれる生地がほとんどで、縮緬独特の風合いであるシボが目立たなくなってしまいました
シボの魅力も捨てがたいということで、数は少ないのですが小浜縮緬(こはまちりめん)や昔縮緬(むかしちりめん)の名称で、昔ながらの一越縮緬も使われています
今回から2回にわたって、そのような一越縮緬を使った小紋をご紹介します
写真で、さらりとした質感と照りの具合がお分かりいただけると良いのですが…


c0211492_0265526.jpg〈きもの〉
万寿菊の小紋

ベージュピンク地に、白上げで万寿菊が染められています
白生地に菊の線模様を型で糊置きし、地色が引き染めで染められています
菊の花も葉もみごとに図案化されていて、まるで手描きローケツ染めのような繊細な仕上がりですね
生地はとてもしっかりと張りのある、昔ながらの一越縮緬です
上質の糸が使われているので光沢があり、光の当たる部分と陰になる部分のコントラストがとてもきれいです
価格220.500円(本体価格210.000円)














きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384



c0211492_0291911.jpg


















c0211492_23583189.jpg
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-11-16 00:09 | 染めの布 おしゃれ用
ヘアラインの小紋
引き続き、小紋の秀作をご紹介します

この三日間にお目にかけた小紋は、比較的モダンな模様と色使いのものです
街着のおしゃれ小紋ほど日常的ではなく、洋装でいえばドレスにあたる色留袖や訪問着・付け下げなどの礼装でもない、スーツ感覚の小紋たちです
三点ともに、洋服をお召しの方が多い場所でも、違和感無くお召しいただける雰囲気をもっています
気軽なパーティーや少しあらたまった場所で、品良く個性を演出していただけるのではないでしょうか


c0211492_13374251.jpg〈きもの〉
ヘアラインの小紋

薄いベージュの地に、ヘアラインのような細い線がとても控えめに染められています
生地は今では珍しい昔ながらの細かなしぼの立った一越ちりめんが使われています
線模様はチョコレート・銀・白の三色で構成されていて、線を際立たせるために顔料系の染料が使われています
余計な模様をそぎ落とした、まさにシンプルモダンといえる一枚です
普段使いの名古屋帯から金銀箔を織り込んだ袋帯まで、お召しになるシーンによって帯を使い分けてください




















c0211492_1338616.jpg




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-10-23 13:43 | 染めの布 おしゃれ用
欧風唐草模様の小紋
前回に引き続き、まるよ好みの小紋をご紹介します

街着のおしゃれ着といえば紬が一般的ですが、最近は小紋などの染めのきものでおしゃれを楽しむ方も増えています
小紋は、古典模様からモダンな模様、模様の詰まったものから飛び模様、無地っぽいものから多色のものなど千差万別
きものの中でも、召しになるかたの個性をもっとも発揮していただけるアイテムです
礼装では限られてしまう色使いなども、大胆に楽しんでいただけたらと思います
和装に携わる者にとっても、店の個性を主張できる貴重なアイテムで、お召しになる方の美意識をきものという形にしてゆくことは、クリエイティブでとても楽しい仕事です
帯や帯締め・帯揚げ、半襟バッグ・草履などのコーディネートを、思いのままにお楽しみいただけたらと思います


c0211492_2326614.jpg〈きもの〉
欧風唐草模様の小紋

地厚ながらしなやかな変わり無地地に、抜染(ばっせん)の技法で欧風唐草紋が染められています
薄めのココア色で無地染めし、型を使って模様を白抜きにした後に、ごく薄い青磁色が引き染めされています
控えめな色使いなので、モダンな意匠といえども品良く仕上がっています
洋装でいえば、クラス感のあるカジュアルといったところでしょうか
無地感覚の帯や、無地場の多いモダンな帯を合わせます
















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384


c0211492_23265067.jpg
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-10-22 23:33 | 染めの布 おしゃれ用
ペイズリー模様の小紋
今日から3日間にわたって、まるよ好みのシンプルでモダンな小紋の秀作をご紹介します

小紋は、型を使って染めたきものということができます
伝統的な技法で染められる江戸小紋から、機械で比較的簡単に染めるローラー捺染まで
染め方や生地の種類などによって、その表情や価格も様々です


c0211492_071322.jpg〈きもの〉
ペイズリー模様の小紋

洋服の模様としてはよく見かけるペイズリー模様ですが
きものではとても珍しいものですね
そのペイズリー模様が大小の白の丸だけでデザインしてあるので、エキゾティックな模様を違和感なく和装に取り入れることができた好例です
しっかりと織られた硬めの太しぼのちりめん地に型で糊を置き、刷毛を使って手で地色を染める引き染めで染められています
砂色の一色ものなので小紋としては控えめな印象なのですが、何気ない個性を発揮できる一枚です
モダンな帯を合わせてスタイリッシュに、古典模様の帯でお茶席にと、色々なシーンで活躍してくれそうですね













きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384


c0211492_085496.jpg
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-10-22 00:13 | 染めの布 おしゃれ用
ストライプ

ストライプの小紋のように見えますが、実は色無地のきものです
一つ紋を染め抜けば、祝儀・不祝儀を問わずにセミフォーマルとしてお召しいただけます

今回のコーディネートは小紋感覚でおしゃれを楽しめるよう、モノトーンの手織りの名古屋帯を合わせました
洋服で言えば、カジュアルなスーツ感覚の組み合わせです
洋服をお召しの方が多いお席でも、違和感なくお召しいただけるのではないでしょうか

c0211492_2372755.jpg〈きもの〉
シャルムーズ無地

丹後で織られた紋意匠ちりめんで、2.5mmの間隔で艶のある部分と無い部分によってストライプが構成されています
色は、引き染めの技法で染められた中間色のサンドベージュ(砂色)
光を身にまとう感覚で、スタイリッシュなおしゃれをお楽しみいただけます
小紋がわりにお求めいただくことも多く、羽織や道中着コートにお仕立てもさせていただきます
定番品として、常時まるよ好みの色を染め出しています
お好みの色での誂え染めも可能です
価格136.500円(本体価格130.000円)


〈帯〉
モール織り名古屋帯

「夢訪庵」のおしゃれ名古屋帯
京都・西陣の手織りです
2本の糸を引きそろえて経緯(たてよこ)に打ち込んだ黒の斜子織り(ななこおり)地に、グレーの濃淡でシクラメンが織り込まれています
斜子織りは、とても締め易いと評価の高い生地です
花びらの部分には絹モール糸が使われて、ふんわりした質感が表現されています
11月から1月頃までの季節感をお楽しみください
クリスマスや年末・年始のパーティーシーンでも、活躍してくれそうですね
紬や小紋に合わせます




c0211492_22565580.jpg












きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2009-09-30 00:23 | 染めの布 おしゃれ用
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin