<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
帯屋捨松のすくい織り名古屋帯(単衣・夏用)

引き続き単衣・夏用の名古屋帯をご紹介いたします

今回は、帯屋捨松さんのすくい織り名古屋帯です
帯屋捨松さんは150年の歴史を誇る西陣の帯屋さんです
私も好きな西陣の名匠・徳田義三さんにゆかりのある機屋さんで、伝統を重んじつつも新しい美意識に挑戦しようとする息遣いが感じられる作品を作り続けています
最近では生産の3割を中国の工場で織っているようですが、徹底した生産管理と捨松さんらしい意匠と技術に支えられて、質が高くてお求めやすい帯を世に送り出しています

徳田義三さんの図案による帯は、次回ご案内いたします


c0211492_15284590.jpgすくい織り名古屋帯(単衣・夏用)

オランダ陶文と名づけられた、すくい織りの名古屋帯です
おそらくオランダの磁器の模様を参考にして、帯の模様として創作されたものでしょう
透け感のある地はごく薄いグレイッシュベージュで、図案化された洋花が織り込まれています
磁器に染め付けて焼いたようなぼんやりした輪郭が織りの技術で表現されていて、一見染め帯のような印象のお品です
花の部分に織りこまれた薄群青やクリーム色が、単調になりがちな青絵付け模様に華やかさを添えています
帯締めなどの小物合わせで、幅広い年代の方にお楽しみいただけると思います
金銀糸は使われていないので、紬や小紋などの街着に合わせます
まるよでは、長板染めや雪華絞りなどの上級浴衣や麻のきものにもお薦めしたい夏帯です

絽や羅ほどの透け感はないので、5月下旬の単衣から盛夏を経て9月下旬の単衣までお締めいただけます
価格144.900円(本体価格138.000円)







c0211492_1559409.jpg

















c0211492_1603010.jpg
腹部分の模様です




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-04-25 16:09 |
夢訪庵のすくい織り名古屋帯(単衣・夏用)

2月の京都で発注した単衣・夏のきものや帯たちが、少しずつ入荷してまいりました
順次ご紹介してまいりたいと思います

ひと昔前は『6月と9月が単衣のきもの』・『7月8月が絽や紗の夏のきもの』、というのが定説だったのですが、最近では5月の中頃から単衣のきものをお召しになる方が増えてまいりました
ゴールデンウィークに催される野点のお茶会でも、その日の天候によって単衣のきものをお召しの方を見かけることが多くなりました
洋装と同じように、自由にきものをお楽しみいただけたらと思います


今回は、夢訪庵さんの単衣から夏にかけてお締めいただく名古屋帯をご紹介いたします


c0211492_1973999.jpgすくい織り名古屋帯(単衣・夏用)

白地に向日葵(ひまわり)の花がすくい織りの技法で織り込まれています
夢訪庵さんらしい、元気でさわやかな印象の秀作です
白地部分は約8cmおきに無地と波織りで変化がつけられています
葉や花芯は通常のすくい織りで、花びら部分が透け感のある夏仕立てで織られています
仕上げに京刺繍がほどこされています

透け感があるのは地の波織りと花びらの部分だけなので、通常の夏物より地厚とお考えいただき、5月下旬の単衣の上から9月中旬までお締めいただけると思います

単衣に仕立てられた色無地・小紋・紬と、夏生地の色無地・小紋・紬に合わせます
上級浴衣や麻のきものには、夏の長襦袢を重ねてお締めください

手織りの帯のほとんどが中国製といわれる現在では、貴重な国内手織りのお品です
価格220.500円(本体価格210.000円)








c0211492_10595312.jpgc0211492_1059574.jpg




















腹部分の模様です




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-04-24 11:09 |
本糊京友禅染め名古屋帯 ( 野口安左衛門 )

今回も、前回と同じく野口(野口安左衛門)さんの京友禅染め名古屋帯をご紹介します。

最近はお客様のお好みを伺いながら、別誂え(べつあつらえ)で帯や着物をお作りすることが増えてまいりました
本場結城紬の無地や、本場久米島紬の柄物、すくい織りの帯など様々なのですが、染物の別誂えは野口さんのお世話になることが多くなりました
図案家に下絵を描いていただき、生地の選定や地色・挿し色の色使い、刺繍や金加工の選別などを、ゆっくりと時間をかけてお客様と共に作り上げてまいります
呉服屋にとって、とても創造的で楽しい仕事です
そんな時の力強いパートナーが、野口さんというわけです


c0211492_23445085.jpg〈帯〉
京友禅染め名古屋帯

わずかに黄みがかった水色地の太しぼちりめん地に、誰ヶ袖(たがそで)模様が染められています
誰ヶ袖模様は綱にきものを掛けて風を通す様を模様にしたもので、この帯では袖のモチーフだけが描かれています
袖の中には、春の草花と染め疋田の雲取り・七宝模様が染められています
やわらかな色使いが、春らしさを感じさせてくれます
桜を待つ3月から6月中旬までを目安に、季節をお楽しみいただく少し贅沢なおしゃれ名古屋帯です
小紋・色無地・紬などに合わせます
価格231.000円(本体価格220.000円)


二枚目の画像は模様部分の拡大です
野口さんのものには珍しく、桜模様部分に赤色が挿してあります
わずかな部分の色の変化なのですが、華やかさを感じさせてくれます



三枚目は腹の模様です
合わせるきものやお好みによって、華やかな桜模様とシックな七宝模様を使い分けていただけます



c0211492_0305958.jpg

















c0211492_0312664.jpg























きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-04-16 00:48 |
本糊京友禅染め名古屋帯 ( 野口安左衛門 )

ずいぶんのご無沙汰をいたしまして、申し訳ありません。
本日よりまた少しずつ、まるよ好みのきもやと帯たちをご紹介してまいりたいと存じます。
よろしくお付き合いください。

今回は、京友禅染めの名古屋帯をご紹介します。
弊店で人気の老舗染め問屋・野口(野口安左衛門)さんのお品です。


c0211492_22234196.jpg〈帯〉
本糊京友禅染め名古屋帯

しっかりとしたシボ立ちの鼠色の太しぼちりめん地に、桐の葉と花が贅沢に染められています
太鼓部分の模様の丈が長く、お締めいただくととてもボリュームのある名古屋帯です
葉の一部分に挿された意表をつくような黒色が、模様に奥行きを出しています
こころ憎いばかりの演出ですね
さすが野口さんといったところでしょうか…
小紋・色無地・紬・お召しのきものに合わせます
価格231.000円(本体価格220.000円)



二枚目の画像は模様部分の拡大です
疋田絞りを染めで表現した染め疋田(そめびった)と呼ばれる部分や、糸目糊を金彩で伏せた部分など、とても細やかで丁寧な仕事がなされています
時代を超えてお締めいただける、本物の力強さを感じさせてくれます



三枚目は腹の模様です
お好みに合わせて使い分けていただけます




c0211492_234331.jpg
















c0211492_2342870.jpg





















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-04-15 23:09 |
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin