<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
織楽浅野・箔織り名古屋帯(雪持ち柳)


今回は、織楽浅野さんの秋の新作名古屋帯のご紹介です

ブログをお読みいただいている方にはもうおなじみの、織楽浅野さんの箔使いの名古屋帯です
スタイリッシュなコーディネートに相性のよい、個性的なデザイン・色使い・素材感が魅力の帯たちを、意欲的に作られている機屋さんです
合わせたきものは、これもおなじみのまるよの定番のストライプの地紋を織り込んだ無地のきものです
小紋としてモダン感覚でお召しいただくこともできるおしゃれな無地のきものです

織楽浅野さんのホームページはこちら・・・『織楽浅野』



c0211492_1964120.jpg〈帯〉
織楽浅野・箔織り名古屋帯(雪持ち柳)

薄い白茶の地に、雪持ちの柳と梅の花の模様が織られています
地には細かな銀箔が点描のように織り込まれていて、控えめながらもかすかな光を反射しています
柳の枝・その枝に絡まる雪・梅の淵・地の点模様それぞれに色相のちがう5種類の金銀の箔糸が使われていて、模様に厚みを出しています
秋の新作というよりは、お正月から3月にかけてお締めいただく帯なのかもしれませんね
挿し色として、オリーブグリーンの帯締めを合わせました
価格155.400円(本体価格148.000円)


〈きもの〉
シャルムーズ無地

まるよの定番の色無地の中で、あいかわらずの一番人気のシリーズです
丹後で織られた紋意匠ちりめんで、2.5mmの間隔で艶のある部分と無い部分によってストライプが構成されています
すべてまるよ好みのオリジナルの色で別染めしています
お客様のお好みの色でお染めすることもできますので、お気軽にお問合わせください
価格136.500円(本体価格130.000円)





c0211492_1935478.jpg腹の模様です
業界用語では別腹(べつばら)と言われ、丁寧に作られたお太鼓柄の帯は、お太鼓と腹の模様を変えて織られています


〈帯締め〉
これも定番・ゆるぎの帯締めです
まるよでは常時約150本の帯締めと、約70枚の帯揚げを揃えています
小物のコーディネートをお迷いの時は、お気軽にご相談ください
価格8.400円(本体価格8.000円)





c0211492_19203913.jpg





















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-22 19:27 |
八掛のおしゃれ(刺繍)


今回は、色無地のきもの用の八掛のおしゃれをご提案いたします

最近の染め上がりの色無地は、地紋のない一越縮緬(実際は縮みを解消した変わり無地という生地ですが)の場合は四丈物(16m)の白生地が使われていて、八掛は表地と同じ生地で同色に染め上がっているものが一般的です
一方で、太しぼ縮緬などの厚めの生地や地紋のある紋意匠ちりめんの場合は、別生地で八掛をご用意することになります
太しぼ縮緬には、同じ組織で織られた少し細かな縮緬を同色に染めます
紋意匠ちりめんには、精華ちりめんやチェニーなどの生地で色を合わせることになります

今回は、太しぼ縮緬(六越し縮緬・鬼しぼ縮緬ともいいます)の色無地に、小浜縮緬(こはまちりめん)の八掛を同色で染めて、京刺繍で模様を入れていただきました
お茶のお席などでお座りになられた時に、小さな模様がちらりと見え隠れするという、さりげないおしゃれのテクニックです
まるよでは、刺繍・摺り小紋・素描・友禅染めなど様々な技法で、八掛にお客様のお好みの模様をお入れすることができます
前もってお見積もりをお出しいたしますので、どうぞお気軽にお問合わせください


c0211492_15313153.jpg生地は太しぼ縮緬で、野口さんに引き染めで誂えたお品です
八掛は表地よりも若干明るめに染め、その地色に合わせて伝統色の組合せで鱗模様(うろこもよう)を刺繍いたしました
刺繍は摩擦に強い菅縫い(すがぬい)で、緻密に仕上げました
鱗模様は、蛇の鱗を三角形の連続で表現した古典文様で、厄除けの意味があるといわれています
今回の刺繍の価格は13.650円でした。






















c0211492_15331849.jpg




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-20 08:18 | お手入れ お直し
たてふし紬・刺繍名古屋帯


今回は、無地感覚の紬とざっくりとしたおしゃれ名古屋帯のコーディネートのご紹介です

まるよでは、入門用のきものとしても、きもの上級者の方にも、無地の紬が人気です
ひとくちに無地の紬といっても、その種類は多種多様です
地機(じばた)の本場結城紬から、高機(たかばた)の本場結城紬、草木染めの本場久米島紬、十日町紬や石下紬など、糸や染めや織りの違いによって価格も大きく違ってまいります
今回は、経糸にふしのある紬糸を織り込んだ白生地を、グレイッシュベージュを引き染めで染めた無地の紬です
通常は、経てに絹糸をかけて緯糸に紬糸を織り込んだものが多いのですが、これはその逆の組織で織り上げられています
生地自体は比較的簡単に織ることができるので、お求め安い価格に仕上がっています
先に糸を染めて織る普通の紬ではなく白生地を後染めするので、1反から好みの色を誂えることができることもこのお品の魅力です
入門用の1枚として、まるよ好みの色を増やしてゆきたいと思っています


c0211492_1419026.jpg〈きもの〉
たてふし無地紬

色と素材感だけでおしゃれを楽しみたい無地の紬です
ナチュラルカラーのグレイッシュベージュですから帯の色合わせも万能で、洋装のスーツ感覚でスタイリッシュなコーディネートを楽しんだり、お好みの帯を主役にして個性を楽しんだり、使い回しのきくとても重宝される一枚です
無地なので季節を選ばないことも、このきものの魅力ですね
しっかりとした張りのある地風で、袷にも単衣にもお仕立ていただけます
ぜひワードローブに加えていただきたいお品です
価格92.400円(本体価格88.000円)


〈帯〉
刺繍の手織り名古屋帯

おなじみの「夢訪庵」さんの手織りの名古屋帯です
四国伊予地方で手引きされた紬糸が使われています
地には錆びた臙脂色を中心に、太さの違う7~8色の糸が経緯にランダムに織り込まれています
色々な色や太さの異なる糸を用意し経緯に織り込むことで、無地では味わえない素材感が引き立ちます
そんなこだわりが、「夢訪庵」さん人気の秘密です
お太鼓と腹には、和紙の糸を使った欧風刺繍が施されています
季節感のない、モダンでかわいい印象の名古屋帯です
価格189.000円(本体価格180.000円)





c0211492_14192518.jpg〈帯締め〉

定番の「ゆるぎ」の紐です
常時50色をご用意しています
価格11.550円(本体価格11.000円)














c0211492_14194554.jpg意識して経糸を目立たせた意匠がお分かりいただけるでしょうか




















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-18 14:57 | 織りの布
刺繍の袋帯(舟に菊と藤・野口安左衛門)


前回に引き続き、野口さんの刺繍の帯をご紹介いたします
今回は豪華な袋帯です

秋の新作受注会のもので、見本品の地色は黒でした
黒地だと派手な印象になってしまうことと、薄い色・濃い色のどちらのきものとも合わせやすい色ということで、地色を薄空色に変更して作っていただきました
特にまるよ好みのバニラからココアにかけての色、サンドベージュからグレーにかけての色のきものに、個性的に合わせていただけると思います
この帯は、野口さん所有の手刺繍によるアンティックの袋帯のデザインをそのままに、ミシン刺繍で再現したもので、オリジナルは鮮やかな黄色の地色の袋帯でした
昔の贅を凝らした手刺繍の質感を今の技術で再現した、華やかで存在感あふれるお品です


c0211492_10233871.jpg刺繍の袋帯(野口安左衛門)

舟の図柄をバックに、藤と菊の花が刺繍されています
緻密かつボリュームたっぷりに刺された糸の質感が魅了のお品ですね
訪問着・付け下げ・無地・小紋に合わせます
できれば無地場の多い付け下げや、無地感覚のきものに合わせて、帯を主役にしたコーディネートをお楽しみいただけたらと思います






















c0211492_10244342.jpg


















c0211492_1025671.jpg






















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-15 11:39 |
刺繍のおしゃれ名古屋帯(兎・野口安左衛門)

今回は、刺繍のおしゃれ名古屋帯をご紹介いたします

春先に野口さんに誂えた、刺繍で兎を表現した名古屋帯です
野口さんといえば染め物を得意とする問屋さんなのですが、最近はおしゃれ帯にも力を入れていて、様々な加工のオリジナリティーの高い帯を作られています

この帯は春先に催された秋の新作受注会のもので、見本品には紬生地が使われていました
まるよといたしましては、紬のきものだけではなく小紋や無地のきものにもお締めいただけるようにと、ほんのわずかに金糸を含んだ斜子織りの地に変更して作っていただきました


c0211492_14263065.jpg〈帯〉
刺繍のおしゃれ名古屋帯(兎・野口安左衛門)

波に兎ということは、因幡の白兎でしょうか
神坂雪佳を彷彿とさせるデザインで、刺繍の作品というこうこともあって、少しアンティックな印象に仕上がっています
刺繍は国内のミシン刺繍で、比較的お求め易い価格に仕上がっています
ミシン刺繍とはいっても、昔では考えられなかったとても緻密でボリュームのある刺繍です
二番目の画像でお分かりいただけると思いますが、兎の毛の一本一本までがわかるほどに、兎の柔らかな質感がよく表現されています
兎年お生まれの方に限らず、個性的におしゃれをお楽しみいただけると思います
価格176.400円(表地価格168.000円)


〈きもの〉
本まわた紬(千切屋・羽衣紬)

京都・千切屋さんのオリジナル無地紬です
画像ではお分かりにくいのですが、地色は錆びた鉄紺色です
価格136.5000円(表地価格130.000円)







c0211492_14314768.jpg

















c0211492_14321027.jpg


















c0211492_14271073.jpg





















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-14 14:55 |
すくい織りの袋帯(枡蔵順彦・夢訪庵)

今回は、豪華なすくい織りの袋帯をご紹介します

毎月京都に出かけ各問屋さんを巡っていると、様々な布たちに出会います
そこには、量産品から一点ものまで実に多くのグレードの商品があふれているのですが、実際に心を震わすほど魅力的なものは僅かしかありません
それは永年専門家として多くのものを見過ぎているせいかも知れませんが、そんな私も目を見張るようなものに出会うことがあります
そのような商品はその機会を逃すとこの先出会えるかどうかも分からない上質のものが多く、どうしても手元においておきたいと思ってしまうのです
今回ご紹介する袋帯も、そのような魅力的な一本です

まるよで人気の、枡蔵順彦さんが主宰する『夢訪庵』さんの礼装用袋帯です
枡蔵さんをして、「織る手間がかかりすぎるので、これから先当分の間は同じものは作りたくない」と言わしめた袋帯で、緻密な模様すべてがすくい織りで織られています
少しでも織りの知識をお持ちの方なら、いかにたいへんな仕事によって織られたものかをお分かりいただけると思います
もちろん、国内の手織り・手刺繍のお品です


c0211492_1222748.jpgすくい織りの袋帯(枡蔵順彦・夢訪庵)

放射線状に光が広がる日輪を文様化したものでしょうか
パーティー会場などで映えるであろう、とても華やかでモダンな印象の礼装用袋帯です
紋型を使うジャガード織機ではなく、細かな模様のすべてがすくい織の技術で織られています
機(はた)に渡された経糸の下に図案を置き、その図案通りに経糸をすくって横糸を織り込みながら模様を詰めてゆきます
小さな丸や三角など模様のすべてが、手作業の横糸の折り返しで表現されているわけです
見るからに職人さん泣かせの、気の遠くなるような細かな仕事です
模様の中心部分には刺繍が施されて、平坦な表面に変化がつけられています
地には銀の撚金糸(よりきんし)が織り込まれていますので、黒留袖・色留袖・訪問着・付け下げ・色無地などの礼装に合わせていただけます
特に、スタイリッシュなフォーマルのコーディネートにお使いいただけると素敵です
価格504.000円(本体価格480.000円)











c0211492_12233687.jpg中心部分には立体感とボリュームを出すために、丁寧な刺繍が加えられています
















c0211492_1263477.jpg糸を変えて織られた小さな三角形が4つ組み合わされて、菱形の模様が構成されています
小さな丸の模様も、すくい織りで織られています














c0211492_12222554.jpgお腹部分の模様も、両腹にたっぷりと織り込まれています


















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-04 13:35 |
染め名古屋帯と小紋


今回は、秋の染め名古屋帯と小紋の新作をご紹介します

きもの・帯ともに古典的な模様が使われているのですが、模様の大きさ・その配置・色使いのせいで、モダンな印象のコーディネートです
パーティーやお茶のお席など、少しあらたまった場所にもお召しいただけると思います

今日は今から、仕入れのために京都に出かけます
どのようなきものや帯に出会えるか、とても楽しみです


c0211492_3241549.jpg
染め名古屋帯(野口安左衛門)

重めの塩瀬羽二重が使われています
型で糊置きし模様を白く抜き、黒の地色を染めて蒸しをかけ、糊を洗い流した後、模様部分に金彩加工が施されています
唐草模様の格子に花の丸紋という比較的古典的な模様なのですが、黒・白・金のみという色使いでモダンな印象を併せ持っています
細かな模様が黒の地に映えて、なかなかの存在感ですね
模様もたっぷりと配されていますので、軽めの袋帯と同格の名古屋帯としてお締めいただけると思います
色無地・無地感覚の小紋・飛び模様の小紋などに合わせます
価格144.900円(本体価格138.000円)


きもの
小紋(吹き寄せ紋)

生地は、細かな地紋を織り込んだ紋意匠ちりめんです
砂色地に、白抜きの吹き寄せ模様が染められています
部分的に、模様の輪郭に金彩加工が見られます
吹き寄せは、秋の落ち葉が風に舞い吹き溜まる様子を文様にしたもので、秋を代表する模様です
今回の小紋には、わずかに桜の花びらも混ざっていますので、正確には吹き寄せ模様ということができないかも知れませんが・・・
春にもお召しいただこうという、染屋さんの心配りなのでしょう
無地場の多い控えめな小紋ですので、広い範囲でお召しいただけると思います
c0211492_3405026.jpg価格102.900円(本体価格98.000円)


帯締め
薄グレー地に金の縞を通した、モダンな一本
価格25.200円(本体価格24.000円)



























c0211492_3441165.jpg


















c0211492_3451029.jpg





















きものサロンまるよ
916-0026 福井県鯖江市本町2丁目1-20
TEL 0778-51-0236 FAX 0778-51-8384
Top▲ | by maruyo0236 | 2010-09-01 06:30 |
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin